2019
2020年1月24日(18名)
IIcと紛らわしい良性潰瘍と多発ビラン,臨床的には分化型のIIcでしたがgroupVが出なかったため確定に時間を要した症例でした.
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年11月16日(84名)
30周年記念講演会特集ページへ
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年10月25日(31名)
大腸CTCの実際から治療まで幅広くかつ詳細なレクチャーの後は,IIc類似進行癌の症例で病理との詳細な対比がありました
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年9月27日(20名)
症例を交えながら症例検討に直ぐに役立つ実践的なレクチャーでした
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年8月23日(14名)
前回の続きのビデオレクチャーと未分化型のIIcで悪性の根拠に乏しい症例でした.その後は恒例の納涼会でした.
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年7月26日(18名)
模型を使っての撮影法のレクチャーの後は進行癌で良性潰瘍,MLとの鑑別が難しい症例と大腸癌の転移という珍しい症例でした
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年6月28日(24名)
メーカーの最新の透視撮影装置の紹介がありその後,大腸の症例で2型進行癌とベーチェット病という貴重な症例検討でした
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年5月24日(26名)
胃癌の基礎的な事柄の解説の後は良性潰瘍と3型進行癌との鑑別にもってこいの教科書的な症例でした. 
 
★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年4月26日(29名)
体上部小弯の潰瘍の鑑別診断と撮影法のQ&Aの後は軽妙な司会による多発びらん,1型進行癌,胃石,スキルスの症例検討でした.

★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年3月22日(15名)
前半はイレウスと胃癌の組織型に関するレクチャー,後半が胃角部のIIcとGISTの症例に大弯側の3型進行癌の症例検討でした.

★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年2月22日(31名)
CTCの講演で前処置の重要性を強調されていました.その後,胃体部の憩室と隆起性病変の初歩的な読影について検討しました.

★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★ ★☆・‥…―━━━―…‥・・‥…―━━━―…‥・☆★

2019年1月25日(31名)
前庭部の中分化型のIIcでしたが,胃形により撮影も困難で深達度も難しい症例でした